Amazon Echo の Alexa Voice Service (AVS) を Raspberry Pi (RPi) と XMOS社 VocalFusion スピーカー開発キット で 利用する

XMOS社から発売されている VocalFusion スピーカー開発キット  と、Raspberry Pi 3 (RPi3 Model B) を使用して、Amazon Echo の自然言語応答サービス「Alexa Voice Service」を利用できます。
 
 
※XMOS社より、以下のAVS開発キットが発売されております。

(a) XK-VF3500-L33-AVS ステレオAEC搭載 AVS開発キット
https://www.digikey.jp/product-detail/ja/xmos/XK-VF3500-L33-AVS/880-1130-ND/

(b) XK-VF3000-L33-AVS モノラルAEC搭載 AVS開発キット
https://www.digikey.jp/product-detail/ja/xmos/XK-VF3000-L33-AVS/880-1126-ND/



開発キットのセットアップ方法や使用方法は、次のURLから案内されておりますので、そちらをご参照ください。

(a) XK-VF3500-L33-AVS ステレオAEC搭載 AVS開発キット向け 各種ドキュメント
https://www.xmos.com/developer/documents/vocalfusionavs/kits#VocalFusion%20stereo-AEC%20development%20kit%20for%20Amazon%20AVS

(b) XK-VF3000-L33-AVS モノラルAEC搭載 AVS開発キット向け 各種ドキュメント
https://www.xmos.com/developer/documents/vocalfusionavs/kits#VocalFusion%20mono-AEC%20development%20kit%20for%20Amazon%20AVS


(その他の投稿については、右上の「ページ」をご確認ください)


※ご参考===================
XMOS社の VocalFusion スピーカー開発キット (XVF-3000) を含む各種お問い合わせは、XMOS社まで「お気軽」にお問い合わせください。
以下の手順で、「日本語」でもお問い合わせいただけます。

(1) MyXMOS アカウントの作成 https://www.xmos.com/user/login
(2) MyXMOS にlogin https://www.xmos.com/user/login 
(3) MyXMOS のページから、"TICKETS" タブをクリック
(4) サポート・チケット画面が開きます。その後、画面左側の "General: Sales Enquiry" をクリックします。
(5) 件名とお問い合わせ内容を記載し、「チケットの作成」ボタンをクリックします。
(6) その後、MyXMOSアカウント作成時に登録した e-mail に、XMOS社日本法人担当者から、「日本語」で回答が届きます。
=======================

0 件のコメント:

コメントを投稿